企業理念

ステートメント     -Statement

『身近な幸せ』、『ちょっとした豊かさ』が満ち溢れる社会を創造する。

ミッション         -Mission

身近な幸せのバロメーターとなりうる『共感』『共有』が生まれるコミュニティ、及びそのプラットフォームを形成し続ける。

ちょっとした豊かさのバロメーターとなりうる『気遣い』『心遣い』が生まれるコミュニティ、及びそのプラットフォームを形成し続けます。

コアバリュー      -Core Value

新しいことへ挑戦する>何事もスマートにこなす

失敗しないことを第一に無難にスマートに仕事をするのではなく、新しい価値を見出すためにどんなに泥臭い事でも新しいことに挑戦致します。万が一、失敗するようなことがあったとしても、それは次に訪れる成功のための一プロセスであると考え、挑戦する心を持ち続けます。

個人の思いを尊重する>効率を重視する

効率を重視しても、本当に自分の作りたかったものが作れるとは限らない、本当に顧客から満足を得られるものが作れるとは限りません。その事実から目を背けず、効率=目的とすることなく、効率=手段という本来の位置づけに戻し、本当に作りたいものを作りたい、本当に顧客から喜ばれるものを作りたい、そのような各個人の思いを尊重したいと思います。

顧客の期待値を基準にする>自分の能力を基準にする

顧客の期待値は一定に保たれることはなく、時代の変化とともに常に変わっていくかと思います。我々は自分達の過去の実績などを基準にサービスを提供することなく、変化にいち早く気づくアンテナを立てて、いかなる時も顧客の期待値のフォーカスを当てたサービスの提供を心掛けます。

プリンシプル       -Principle

常識の壁を打ち破る

 既存の事実の延長線上で物事を考え行動するのではなく、目の前にある事実が時代に本当に適しているのかどうか常に考え、違和感を感じた際には、今までの常識を疑い、ゼロベースで考えて行動致します。

360°の視野を持て

橋がほしい人に対して、すぐに強固でオシャレな橋を提案するのではなく、なぜ橋が必要なのかヒアリングを実施し、本当のニーズを明確に致します。橋に渡って学校に行くことがその人の目的なら、橋を提案するのではなく、学校を作ることを提案する、我々は常にそのような視野をもって行動致します。

自分を誤魔化すな

事故車であることを伏せて販売すれば、高い利益を得ることができるだろうし、最後まで顧客に知られなければ誰も損はしない、という甘い誘惑に負けそうになることがあるかもしれないが、我々は常に自分の良心に嘘を付かない勇気をもって行動致します。

すべての責任は自分にある

自分が担当しているプロジェクトの成果物が納期までに完成されない、更に性能が顧客要求の半分にも満たない、そのような状況下に置かれるとつい犯人探ししてしまうことがありますが、我々は探偵にはならず、一人一人が責任者となって行動致します。

Copyright(c) CommunityDesign All Rights Reserved.